スポンサーサイト

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 ブログも遂に TLS (SSL・HTTPS)対応へ!

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有

平成29年 9月 2日付の FC2 ブログインフォメーションに拠ると、FC2 ブログの TLS (SSL・HTTPS)対応を平成29年 9月中旬を目処に完了させる予定となりました。

既に管理画面は TLS への移行を完了しており、従来の非 TLS での URL からのアクセスも自動的に https:// で始まる URL にリダイレクトされます。

FC2 ブログのアップロード機能を用いた画像についても、https:// で始まる URL に統一されます。


目次


独自ドメインの対応は遅れる見込み

但し、有償サーヴィスを用いて独自ドメインで FC2 ブログを運営されている場合は後日の対応となるとの事です。

  • 恐らく FC2 側でマルティドメイン対応の TLS 証明書か Let's Encrypt のような TLS 無償の証明書を導入するのかしなければならないからでしょう。

外部スクリプト等を利用している際に注意する事

  • 本節は、これまで何度か書いてきた事のおさらいです。

FC2 カウンタやアフィリエイトなど、スクリプトを用いて(=テンプレート等にて<script>要素を用いて)外部サーヴィスを利用している場合、TLS では一部環境を除いて読込まれなくなります

スクリプト発行元に TLS 対応であるか否かをお問合わせになり、対応しているのであれば公開元の指示に従ってテンプレート等の記述を修正してください。

尚、万一お使いのスクリプト等が TLS 非対応の場合は他社の TLS 対応サーヴィスへのお乗換えをご検討ください。


内部スクリプトは TLS でも有効

外部から配信されるのではなく、<script>要素の内容としてコードが書かれているスクリプトについては、TLS に移行しても問題なく実行されます。

  • 某糞アメブ□では TLS 対応をダシにフリープラグインでの内部スクリプトを全面禁止にしましたが、実際には内部にコードが書かれたスクリプトは TLS でも動作します。

外部画像を埋込んでいる場合

外部画像を埋込んでいてそれが非 TLS で埋込んでいる場合、デスクトップ端末はスマートフォンでは埋込めなくなる事はありませんが、アドレスバー等に警告アイコンが出る場合があります。

当該画像が http://https:// に変えても配信出来るようになっているのであれば、http://// のようにする事で TLS でも警告無しで埋込めるようになります。

ただ、フィーチャフォンでは // で始まる URL を扱えないものもあるので、この場合どうするか問題でしょう。

  • FC2 ブログの TLS 対応の詳細が分からないので現時点ではこれ以上は書けません。

疑問点:フィーチャフォンはどうなる?

  • この節は、今回の告知に関する疑問点を書いております。

今回の告知では、フィーチャフォンでの閲覧についてどうなるかは書かれておりません。

FC2 では現在の TLS に対応しない端末のサポートを停止する事としており、FC2 ブログの閲覧まで出来なくするとしたら問題だと思いますが…。

  • フィーチャフォンに限って TLS なしでもアクセス出来るようにするなどは、それ程難しい事ではない筈です。

また、フィーチャフォンの場合、TLS に対応していたとしても別オリジンの画像は埋込まない端末もあります。

現状、FC2 ブログではアップロードされた画像等はウェブログとは別のオリジンになるため、TLS を使っていても一部フィーチャフォンでは埋込めなくなる恐れがあります。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。