FC2 ブログでアフィリエイトをやっている方へ

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有

FC2 ブログでアフィリエイトをやっている方は、いずれ導入されるであろう TLS (SSL・HTTPS)への対応をしておいた方が良いでしょう。

  • 既に TLS 対策済みの方も多いと思いますが、まだ対策していない方は今のうちにやっておいた方が良いでしょう。

何が問題か?

FC2 では、提供サーヴィスを順次 TLS (SSL・HTTPS)対応にしております。

肝腎の FC2 ブログについては平成29年 8月 2日現在未対応ですが、実現に向けて準備を進めていると言う情報はあります。

ただ、FC2 ブログが TLS に移行したとしたら、非 TLS で配信されているアフィリエイトは表示されなくなる恐れが出て来ます


先ずお取引の ASP が TLS 対応である事

先ず第一に抑えておきたい事は、お取引中の ASP (広告配信会社)が TLS (SSL・HTTPS)に対応しているか否かです。

  • 一般には TLS よりも SSL とか HTTPS と呼んでいる場合が多いようです。

ASP が TLS に非対応である場合、当該会社が配信する広告は一部ブラウザで埋込んでもらえなくなります。

勿論、昨今の TLS 普及への動きを見れば、もはや TLS 非対応では客が付かなくなるであろう事は明らかなので、大半の ASP は既に TLS にも対応していると思われます。

とは言え、日本では TLS の普及が遅れているそうなので、一部にはのほほんと TLS 対応を怠っているところもあるかも知れません。

  • 私はノンアフィなのでその辺りは全く分かりません。

万一お取引中の ASP が TLS 非対応の場合は、TLS に対応している他の ASP との契約も検討すると良いでしょう。


そのうえで何をすべきか

お取引中の ASP が TLS (SSL・HTTPS)に対応している事が確認出来たら、アフィリエイト関係のコードを修正しましょう。

一般に、非 TLS のページに TLS で配信されるスクリプトのコードを埋め込んでも問題は起こりません(逆は問題になる)。

ですから、今のうちに PC テンプレート及びスマートフォンテンプレートに書いているアフィリエイトの URL を TLS 版のそれに変更するのが良いでしょう。

TLS 版と非 TLS 版の違いが URL で言えば https://http:// の違いしかない場合は、URL を // で始まるものにする事で FC2 ブログが TLS に移行したら自動的に TLS 版を扱えるようになります。

また、ASP によっては TLS でも 非 TLS でも扱えるようなコードを提供している場合もありますので、それに置換えると良いでしょう。


注意事項

フィーチャフォンについては、TLS に対応出来ない端末も少なくありません。

また、フィーチャフォンには // で始まる URL を取扱えないものもあります。

このため、フィーチャフォン版のテンプレートについては敢えて修正しない方が安全かも知れません。

  • この問題があるため、FC2 ブログでもフィーチャフォンに対してのみ 非TLS でアクセス出来るようにし続ける事も考えられます。

もっとも、昨今の ASP の中にはフィーチャフォン非対応のところも少なくないようですがね…。

関連記事
スポンサーサイト