『東の堀北真希うさぎと、隣のわたし』晩秋篇

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有

アメブロ出張所にて平成28年11月 5日付で公開した堀北真希うさぎのスピンオフイラスト『東の堀北真希うさぎと、隣のわたし』晩秋篇です。

『11月 4日付の堀北真希うさぎと紀子ちゃん(神崎紀子)』の

何度も書いている通り、題名の元ネタは東京都東久留米市を舞台とした漫画『東のくるめと、隣のめぐる』です。

今回も東京都東久留米市は落合川の緑道を背景にしております。

東京都下の河川には、このように平野部に滝のような流れを作っている箇所があります。

また、東久留米市ではるるめちゃんと言う独自のゆるキャラを使って、川の再生をアピールしております。

堀北真希うさぎも、落合川の流れを見ながらスマートフォンをいじっております。

東京都東久留米市もそうですが、堀北真希ちゃんが産まれた同清瀬市、その隣の埼玉県新座市と所沢市には自然が多く、堀北真希うさぎの絵にしたい場面が沢山あります。

ですので、今後もこのシリーズを作っていくつもりです。

関連記事
スポンサーサイト