スポンサーサイト

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSS のマーキーモジュール、廃案になっていたんだって

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有

現在HTML リファレンスCSS リファレンスの改訂作業を進めております。

CSS リファレンスなんか間違いだらけだったので、公開版を訂正しながら改訂版を作っております。


CSS マーキーモジュールは一年前に破棄

ところで、CSS リファレンス改訂作業中に調べていたのですが、CSSマーキーを実現するためのマーキーモジュールは廃案になってしまったそうです。

西暦2008年(平成16年)12月 5日に勧告候補が出されたのですが、結局一年くらい前の西暦2014年(平成26年)10月14日までに廃案になってしまいました。

もともと、W3C はマーキーを好ましいものとは思っておらず、<marquee>要素以来排除を勧めておりました。

そう言った事もあってか、結局廃案にしてしまったようです。

もっとも、マーキーを実現するなら、CSS 第三水準で策定中の アニメーション機能があります。

こちらを使えば、より多彩なマーキーが実現する事になるのは分かりますが、それにしても単なるマーキーごときではちょっと複雑過ぎるような気がします。

ちなみに、グーグルクロムなどではマーキーモジュールにあるプロパティ名の前に -webkit- 接頭辞を付ける事で利用出来たのですが、今後どうするのでしょうかねえ…。


またぞろ、W3C の独善か?

十年くらい前にこんな事を書くと、専門家気取りの W3C 信者とか HTML 原理主義者どもから袋叩きにされたものですが、またぞろ W3C の独善が出たのかと思いました。

確かにマーキーについては批判も多いし、私も使いたいとは思いません。

  • 実際、十四年前からモバイルサイトも作っておりますが、マーキーを使った事は一回もありません。

でも、実際にフィーチャフォン全盛期には、狭い領域に情報を詰め込めると言う利点があったせいか、意外に<marquee>要素は多用されたものです。

スマートフォンの時代になっても、好ましいかどうかはともかく、低解像度端末に対しては依然有効なのではと言う気もするのですが…。

  • ひょっとしたら、スマートフォンの巨大化も影響しているのかも知れません。

勿論、マーキーはアニメーション機能で代替出来ますが、たかがマーキーごときにはちょっと複雑過ぎると思います。

まぁ、CSS に依るアニメーション機能は既に大半のウェブブラウザで実装されているので、かつての MNG 動画みたいな独善の塊みたいに殆ど誰にも相手にされずに廃れると言う事はないと思いますが…。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。