【改訂】W3C の HTML 5 仕様案から削除された<hgroup>要素

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
  • この記事は、 平成26年10月30日に旧アメブロ出張所に書いた記事を、現在の見解に合わせて書き直したものです。

以前、HTML 5 に於いて W3C と WHATWG のどちらに従うべきかに対する見解を書きました。

その中で、私は W3C に従えば良いと申し上げましたが、だからと言って W3C を盲信している訳ではありません。

W3C の見解に対し、不満を持たない訳でもないのです。

そんな私が、特に「どうして!?」と思ったのが、<hgroup>要素の否定でした。

  • 尚、平成27年10月10日現在の心境としては、もはや W3C に絶対服従する必要はないのでは?と思っております。

<hgroup>要素とは

<hgroup>要素とは、グループ化された見出しです。

W3C の勧告案からは削除されましたが、WHATWG の草案には今も残されており、W3C 草案と WHATWG 草案の間にある大きな相違点の一つとなっております。

<hgroup>要素の内容モデルは<h○>要素の集まりです。

複数の見出しを<hgroup>要素として一括する事で、この<hgroup>要素が単一の見出しと見なされるようになります。


何故私は<hgroup>要素を推していたのか

HTML5 では、一つのセクションには一つの見出しと言う原則があります。

異なる見出しが現れた場合、そこからは新しいセクションの始まりと見なされます。

でも、以下のように、一つのセクションに与える見出しが複数あり得る場合があるのです。


見出しに副題を付ける場合

例えば、

<h1>HTML 仕様書<h1>
<h2>~生きている標準~<h2>

と言うように、副題を持った見出しを与えたいとします。

先に述べた通り、副題の見出しは新たなセクションの見出しと見なされるため、副題の見出しとして扱われなくなってしまいます。

でも、ここでは副題の見出しと合わせた二つの見出しを、一つのセクションに掛かる単一の見出しとしたいのです。

このような場合に、

<hgroup>
    <h1>HTML 仕様書<h1>
    <h2>~生きている標準~<h2>
    </hgroup>

とマークアップすれば、セマンティック上単一の第一等級見出し(<h1>要素)として扱われます。


同じセクションに同じ等級の見出しを付ける場合

例えば、

<section>
    <h2 id="URAWA">浦和店<h2>
    <h2 id="OMIYA">大宮店<h2>
    <p>浦和店と大宮店では…</p>
    …
    </section>

と言うように、二つの見出しを与えたとします。

これも、セクションと見出しの関係に依り、初めの「<h2>浦和店<h2>」要素は一つのセクションに掛かりますが、後続の「<h2>大宮店<h2>」要素はまた新たなセクションに掛かるものとみなされます。

従って、この後のセクションでは「浦和店」に関する事を言及出来なくなってしまいます。

「浦和店」と「大宮店」について双方を一括して述べるセクションで、それぞれの見出しを与えたい場合、<hgroup>要素があれば、

<section>
    <hgroup>
        <h2 id="URAWA">浦和店<h2>
        <h2 id="OMIYA">大宮店<h2>
        </hgroup>
    <p>浦和店と大宮店では…</p>
    …
    </section>

とする事で一つのセクションに「浦和店」と「大宮店」の二つの見出しを与える事が可能となります。


見解

W3C は何も考えずに<hgroup>要素を否定した訳ではないとは思います。

ただ、複数の見出しがセマンティック上一つのセクションに掛かる場合があると言うのは否定出来ません。

こう言った事から、個人的には非常に残念な判断だったと思います。

今のところは、<hgroup>要素を使ってはいませんが、そのうち W3C 様に逆らって使う事も考えております。

関連記事
スポンサーサイト