スポンサーサイト

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 ブログの HTML テンプレートで記事の URL を扱うには(不完全版)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有

FC2 ブログは糞ア×ブ□と違って、あらゆる面でカスタマイズが出来るようになっております。

ただ、残念ながら完璧ではありません。

今回は、FC2 ブログの HTML テンプレートをカスタマイズしていて気付いた、HTML テンプレート内で自分自身の URL を扱う方法をメモしておきます。



初めにおことわりしたい事

残念な話ですが、FC2 ブログの HTML テンプレートでは、全てのページの URL を利用出来る訳ではありません。

具体的には、

記事エントリ

ファイル名が blog-entry-○○.html となっているページ

各カテゴリにおける先頭ページ

ファイル名が blog-category-○.html となっているページ

  • 尚、二ページ目以降はダメ。
トップページ

URL がノード名のみのページ

くらいしか扱えないようです。

このように制約が多いのですが、案外役に立つ場合もあると思い、記事を立てました。



URL を HTML テンプレートで使うには



記事エントリの URL を HTML テンプレートで使うには

FC2 ブログの HTML テンプレートに於いて、記事エントリの URL は、以下のようにして記述出来ます:

PC(デスクトップ/タブレット)版
<%url>blog-entry-<%pno>.html
モバイル(フィーチャフォン)版
<%url>?mode=m&no=<%pno>
スマートフォン版
<%url>blog-entry-<%pno>.html?sp

ここで、<%url>と言うのは、ウェブログの URL に於けるノード名の直後の / までの部分となります。

また、<%pno>は、親記事番号とされておりますが、記事エントリ自身を扱う場合は自分自身の記事番号となります。

モバイル版については、実はスマートフォン版の末尾の ?sp?m にしても良いのですが、モバイル版の内部では上記のクエリを用いた URL が使用されているので、URL の正規化をしたいのであれば上記の方が良いと思われます。



カテゴリの一ページ目の URL を HTML テンプレートで使うには

初めに申上げた通り、FC2 ブログの HTML テンプレートではカテゴリページの二ページ目以降の URL を得る方法はありません。

このため、URL の正規化などで用いようとすると、おかしな結果になる恐れも否定出来ません。

FC2 ブログの HTML テンプレートに於いて、各カテゴリの一ページ目の URL は、以下のようにして記述出来ます:

PC(デスクトップ/タブレット)版
<%url>blog-category-<%cno>.html
モバイル(フィーチャフォン)版
<%url>?mode=m&cat=<%cno>
スマートフォン版
<%url>blog-category-<%cno>.html?sp

ここで、<%cno>は、カテゴリ番号となります。



実際の使用例



モバイル・リンク・ディスカヴァリ用の<link>要素を記述するには



モバイル・リンク・ディスカヴァリとは

モバイル・リンク・ディスカヴァリとは、HTML 文書内に<link>要素でモバイル版の URL をリンクしておく事で、グーグルなどの検索エンジンがモバイル版の正規 URL を認識出来るようにする技術です。

スマートフォンはデスクトップ・コンピュータ向けのウェブ文書も扱えるため、余り意味はなさそうに見えます。

ですが、FC2 ブログのテンプレートの大半はレスポンシヴ・ウェブデザインに対応しておらず、このためスマートフォン版の URL を検索エンジンに報せた方が良さそうだと思い、対応出来ないか調べておりました。

  • 実際、デスクトップ・コンピュータ向けのウェブページの場合、スマートフォンでの閲覧を想定していないものはスマートフォンでの検索で不利に扱われます。
  • また、しばしばスマートフォン版が検索結果に出て来る事があり、グーグルは正しくスマートフォン版と PC 版をひも付け出来ていないと考えられ、やはりモバイル・リンク・ディスカヴァリは必要だと判断しました。


モバイル・リンク・ディスカヴァリを実現するには

モバイル・リンク・ディスカヴァリを実現するには、モバイル版の URL を扱えなければなりません。

しかし、FC2 ブログの HTML テンプレートでは、取扱対象となる完全な URL を与える変数を用意しておらず、このままでは実現出来ない事となってしまいます。

それでも、記事エントリに関しては、上記のように URL を得る事が出来るので、これを活用する事とします。

記事エントリ以外については、検索出来ても余り意味は無いと思われるので、検索避けする事とします。

  • かつては、検索エンジンにインデックスされるページ数が多ければ多い程検索で有利になると言われておりました。

    ですが、昨今のグーグルの場合、無駄なページが多いと最悪パンダの餌にされてしまう事があるので寧ろ好ましくはありません。



実際に行った記述

実際には、以下の記述を HTML テンプレートにて行いました。

  • 実際のテンプレートでの記述とは若干異なります。
  • これらの記述は、PC 版, モバイル版及びスマートフォン版のいずれにも記述しておく必要があります。
<!--permanent_area-->
    <meta name="ROBOTS" content="INDEX, FOLLOW, NOARCHIVE" />
    <link rel="canonical" href="<%url>blog-entry-<%pno>.html" />
    <link rel="alternate" media="handheld" href="<%url>?mode=m&amp;no=<%pno>" />
    <link rel="alternate" media="only screen and (max-width: 640px)" href="<%url>blog-entry-<%pno>.html?sp" />
<!--/permanent_area-->
<!--not_permanent_area-->
    <meta name="ROBOTS" content="NOINDEX, FOLLOW" />
<!--/not_permanent_area-->

ここでは、記事エントリ以外はすべて検索避けの対象とし、無駄なインデックスをしないようにしてもらいます。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。