スポンサーサイト

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTML 文書での引用

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • グーグルプラスで共有
  • 本記事は、旧アメブロ出張所に平成27年 6月20日に投稿した記事を編集しての転載です。

ウェブはもともと学術論文の電子化のために考案されたもので、このため基幹技術の一つとなる HTML に於いても引用に関する機能を幾つか定義しております。



<blockquote>要素…段落単位での引用

段落単位で引用する場合、引用した段落をまとめて<blockquote>要素とする事となっております。

<blockquote>要素はかつてはブロックレヴェル要素単位での引用とされておりましたが、HTML5 ではブロックレヴェル要素と言う概念がなくなったため、敢えて言うなら段落単位での引用となります。

かつては、多くのグラフィカルなウェブブラウザが<blockquote>要素の上下左右に余白を与えて表示させている事から、余白取りのために誤用される事も多かったのですが、今日では CSS で自由に余白を与える事が可能となっているため、このような使い方はもはやされなくなったでしょう。



引用元はどう明示すればいい?

さて、引用する以上、引用元に関する情報を明示しなければなりません。

実は HTML4 が勧告されるまで、引用元を明示する機構は用意されていなかったのです。

HTML4 になって初めて cite 属性が定義されました。

cite 属性は、ウェブ文書等からの引用であれば、引用元の URI を与えるものとしております。

書籍の場合も、urn:isbn: スキーム名に続けて ISBN コードを記述する事で明示が可能になります。



cite 属性の欠点

しかし、cite 属性は完璧ではありません。

先ず、URI が存在しない引用元からの引用では使えない事です。

新聞, 雑誌, 同人誌, 市場には流通しない書籍, テレヴィやラジオの番組或いは口頭での発言などには URI は存在せず、従って cite 属性の値にする事が出来ないのです。

だからと言って、引用元を記述しなくて良いと言う訳にも行きません。

もう一つ、後発の属性のため対応していない環境が多い事です。

グラフィカルなウェブブラウザであれば、CSS で cite 属性値を表示させる事は可能です。

しかし、CSS に対応していない、例えば Lynx(リンクス) では、cite 属性の値はどうやっても表示してくれません。

まさか、Lynx で見る人には引用元を明示しなくても良いと言う訳にも行きませんよね?

勿論、HTML 文書のソースを見ればマークアップされているのが分かると反論されるかも知れませんが、本来 HTML 文書はソースをそのまま閲覧する事を想定していないので、適切な反論とは言えません。

  • ユーザエージェント(HTML 文書を取扱うソフトウェア)は HTML 文書のソースを表示出来るようにしなければならないなどと書かれた仕様書など、少なくとも私は見た事はありません。


HTML5 で新たに導入された引用元明記法

いずれにしても、引用元の明示は必要であり、このため HTML5 では新たな方法も定義しております。

それは、<blockquote>要素の内容の末尾に、引用に関する情報をテキストで記述すると言うものです。

具体的には、<blockquote>要素の内容の末尾にある<cite>要素または<footer>要素は、引用文本体ではなく引用元に関する情報として扱うと言うものです。

前者は引用元の題名や発言者の名前だけを明示する場合に、後者は引用元に関するより詳しい情報(閲覧日時や書籍等で言えばページ番号など)を加えたい場合に利用します。

この方法なら、cite 属性での欠点を漏れなく解決します。



<blockquote>要素の外に引用元の情報を書くのはダメ?

ところで、<blockquote>要素の前に、「以下○○からの引用です」などとテキストで記述する事で引用元を明示するのはいけない事でしょうか。

人間なら、そのような記述でも引用元を知る事は可能です。

ですが、コンピュータは<blockquote>要素の外にあるテキストを<blockquote>要素と紐付けする事が出来ません。

このため、セマンティック上は意味が無いと言えるでしょう。

勿論、このような形で人間が読んで理解出来るようにしておくのは決して無駄な事ではありません

そもそも、HTML 文書は人間が読む文書をマークアップするために考案されたものであり、コンピュータが認識出来れば人間は認識出来なくても良いと言うのは本末転倒です。

特に cite 属性で引用元を示しているのであれば、<blockquote>要素の外に引用元の情報を書いても何の問題もない筈です。



<q>要素…語句単位での引用

さて、段落単位での引用については<blockquote>要素とすればよいのですが、それでは語句単位での引用はどうすればいいでしょうか。

HTML 3.2 まででは、語句単位の引用には<cite>要素を用いるものとされておりました。

実際、HTML 3.2 では<cite>要素は他のソースの引用または参照を表わすとされており、引用文のマークアップも許容しておりました。

  • 英語の原文を見ると、引用に対応する citetions は複数形すなわち可算名詞となっており、従って引用文と言う意味になります。

HTML4 になって、初めて専用の要素として<q>要素が定義されたのです。

<q>要素を語句単位での引用に用いる場合、以下の点に注意してください:

  • 引用符はユーザエージェントが附与する事としているため、<q>要素の内部にも外にも引用符を与えてはいけません。
  • <blockquote>要素同様、URI を持つ引用元に対しては cite 属性で引用元 URI を明示出来ます。cite 属性で明示出来ない場合には、HTML5 であっても引用元を明示する機構はありません。


<cite>要素の定義の変遷

一方、HTML5 では<cite>要素作品名・著者名・URLと定義されております。

かつては、書籍名や引用とされていたのですが、HTML4 では<q>要素の追加に伴い、出典に定義が改められました。

ですが、実際には引用の有無を問わず作品名を<cite>要素とする例が多かったため、HTML5 ではこの扱いを追認する事となりました。

また、HTML5 の草案では長らく<cite>要素を人名に用いるのは誤用としておりました。

ですが、<blockquote>要素内容の末尾に引用元を示すのに<cite>要素が使える事となったのを契機として、著者名のマークアップにも使えるように改められたのです。

また、URL も出典として意味がある事から、これもまた<cite>要素と認められました。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。